特色ある教育プログラム

リーダーシップを養成するビジネスリーダープログラム リーダーシップを養成するビジネスリーダープログラム
BLP受講生の就職率は5年連続100%

リーダーシップを養成する
ビジネスリーダー
プログラム

リーダーシップを養成する
ビジネスリーダー
プログラム

変革を実行するビジョンを描き

チームを統率する
リーダーシップを養成する。

企業と協働してビジネスを学ぶ中でリーダーシップを養成する「BLP(ビジネスリーダープログラム)」。
学修した経営・経済・法の専門知識を駆使し、リアルなビジネス現場で課題発見、企画営業、商品開発・製作などに挑戦。
チームワークの効果を最大限に高めるために、
リーダーに必要なビジョンの提示やチームマネジメント、意思決定などの能力を身につけます。

ビジネスリーダープログラムの
カリキュラム

BLP特別演習 (起業・ビジネスクラス)

授業で学んだ理論を実践で活かす

ビジネス理論の学修やマーケティング調査に基づく企画開発、実践的な課題解決型学修(PBL)を通して、ビジネス現場で求められるさまざまな力を養成します。企業との共同企画やビジネスコンペなどにも積極的に取り組み、課題発見・解決力などビジネスで必須となる力を育みます。

正課授業での学び

[経営学・経済学系]

  • 経営戦略論Ⅰ・Ⅱ
  • 経営管理論Ⅰ・Ⅱ
  • 会計学
  • 経営分析Ⅰ・Ⅱ

[法学系]

  • ビジネス取引法
  • 企業法 ほか

プロジェクト例

  • 河内木綿プロジェクト
  • POPCORNプロジェクト
  • 珈琲プロジェクト
  • 若ごぼうプロジェクト

01 CASE STUDY
POPCORNプロジェクト

「ポップコーンパパ」を展開する株式会社Dreamsとの協働プロジェクトで、新しい商品開発に取り組みました。
学生たちの考えたコンセプトは「子供だけでなく大人も笑顔にする」。
ターゲットをどこに絞るか、どういう味にしたら喜ばれるかなど、何度も協議し、
八尾市の特産品である「八尾えだまめ」を使った商品づくりがが始まりました。

プロセス

プロセス

プロジェクトチームで何度も企画会議
企業へプレゼンテーション
コンセプト策定~ラベルデザイン提案
市内の農家から材料を調達
レシピ開発(えだまめフレーバーの開発)
「八尾えだまめ味ポップコーン」が完成!
ネットショップで販売
完売
プロジェクトを振り返って

株式会社Dreamsのみなさん、農家さん、加工業者さんをはじめ、多くの方々に支えられながら、企画、ラベルデザイン、原材料の調達、フレーバー加工、レシピ開発までを実践的に体験。試行錯誤を繰り返して「八尾えだまめ味ポップコーン」が完成。この製品は「ポップコーンパパ」のWEBサイトにて販売し、即完売の大盛況!常にビジネスに必要な“売れる商品”を追求する姿勢が結果に結びつきました。

02 CASE STUDY
珈琲プロジェクト

東大阪市で珈琲専門店を展開する田代珈琲株式会社との協働プロジェクトで、まだ世の中への認知が低い
「スペシャルティコーヒー」をより多くの人に知ってもらうため、
市場調査や認知を広げるための企画の検討を行い、実際にイベント会場に出店。店舗運営にも挑戦しました。

プロセス

プロセス

アイコン画像 田代珈琲にプロジェクトを提案
アイコン画像 ターゲット・コンセプトを策定
アイコン画像 広告・店頭レイアウトを検討
アイコン画像 バリスタ・ドリップ技術の研修
アイコン画像 文化祭に出店、大盛況のうちに終了!
アイコン画像 珈琲プロジェクトの継続が決定
プロジェクトを振り返って

スペシャルティコーヒーを引き立てるスイーツの試作をしたり、店頭レイアウトを検討したり、万全の体制で挑んだ当日は、店の前に列ができるほどの大反響。確かな手応えも感じることができました。その経験を糧に、さらなる認知度アップをめざして珈琲プロジェクトは継続中です。

02 CASE STUDY
河内木綿プロジェクト

大学のある八尾市の伝統文化「河内木綿」を現代的な発想で製品化し、
世界に発信して地元八尾市を活性化しようというのが「河内木綿プロジェクト」です。
木綿の栽培・収穫から、商品の企画・製造・宣伝・販売と、
6次産業をリアルに体験しながら、さまざまな課題解決に取り組んでいます。

プロセス

プロセス

アイコン画像 学園祭での藍染体験イベント
アイコン画像 学内で河内木綿を有機栽培
アイコン画像 綿つみ、糸つむぎ、機織り
アイコン画像 藍染、紋様デザイン
アイコン画像 伝統文化体験イベントの開催
アイコン画像 オリジナル商品の企画・開発
アイコン画像 SNSで河内木綿を世界に発信
プロジェクトを振り返って

先輩から後輩へと受け継ぎながら4期にわたって続く河内木綿プロジェクト。FacebookやInstagramの開設、さまざまな学生ビジネスコンペへの参加、取り組みの展示や糸紡ぎ・藍染体験イベントの開催などを行ってきました。これからもますます積極的に河内木綿文化を発信していきます。