特色ある教育プログラム

公認会計士・税理士をめざす 会計職特別プログラム 公認会計士・税理士をめざす 会計職特別プログラム

公認会計士・税理士をめざす
会計職特別プログラム

公認会計士・税理士をめざす
会計職特別
プログラム

  • 公認会計士 3年連続現役合格7名 (2013~2017年度実績)
  • 税理士 科目試験合格21名 (2013~2017年度実績)
  • 国税専門官 採用試験合格 (2015年度)
  • 日商簿記検定 1~3級合格344名 (2013~2017年度実績)

公認会計士や税理士の資格取得など、高い志を抱いた学生たちの目標達成を支える「正課授業」+「Sコース」の学び。
努力すれば夢は叶う。それをたくさんの先輩たちが証明してきました。
ぜひ、みなさんも大きな夢にチャレンジしてください。

01
少人数の学びで実践力を身につける 「会計学特別演習」

本学経営学部の特色の一つである少人数教育。公認会計士・税理士などの高度会計専門職をめざすため、2年次以降の「会計学特別演習」では少人数によるゼミ形式で実在する企業の財務諸表を分析し、実情を推察するなど実践的な会計知識を身につけます。

02
豊富な会計学関連科目

「会計学」「財務会計論」「管理会計論」「連結会計論」「ビジネス法入門」「ビジネス統計学Ⅰ・Ⅱ」「監査論」「経営分析Ⅰ・Ⅱ」など、正課授業で豊富な会計学関連科目を用意しており、会計学に関する知識を広く深く学ぶことができます。

03
20余年の歴史ある 特修講座「Sコース」

4年間受講料無料の学内Wスクール「Sコース」は、創設から20年以上の歴史と実績ある特修講座です。
正課授業、特別演習と連携した強力なカリキュラム、プロの講師陣、集中できる学習環境、
あらゆる角度から公認会計士・税理士など夢の実現を全力でバックアップします。

  • 4年間受講料無料

    4年間受講料無料

    大学と専門学校の両方に通えば、学費の負担は大きなものになります。しかし本学Sコースの受講料はすべて無料。専門学校に派遣されて学ぶ場合も、学費の負担はありません。

  • 正課授業と連携

    正課授業と連携

    会計職講座では、経営学部の会計専門職コースの授業と相互にリンクした内容で指導を展開。学修をより深い理解に結びつけ、目標達成を強力にバックアップします。

  • 学内Wスクールを実現

    学内Wスクールを実現

    難関資格試験や公務員採用試験で高い合格実績を持つ専門学校の講師がSコースでの指導を担当。大学にいながら専門学校の指導が受けられる「学内Wスクール」を実現しています。

04
公認会計士・税理士の道

経営学部でぜひ取得しておきたいのは簿記の資格。
経理部門だけでなく、幅広い業種・業界で求められるビジネススキルです。
さらに上の公認会計士や税理士は、色褪せない一生モノの資格。
合格すれば未来をガラリと変えるほどの強い力があります。
難易度は極めて高いけれども、挑戦するだけの価値があります。

[ 簿記2級 ]

今や社会人スキルの一つ。 就職に断然有利な資格

ビジネスパーソンの基礎知識、社会人の一般常識として、簿記の知識は今や必要不可欠。採用の選考基準としている企業も少なくありません。日商簿記2級は就職にも強力な武器となります。

優良企業かどうかの 見極めが可能に

筆記のスキルを身につけることで、決算書を読みこなせるようになります。企業の財政状態や経営成績から「いい会社」を見分けられるので、就職活動の企業研究にも役立ちます。

公認会計士や税理士の登竜門。 比較的合格しやすい資格

公認会計士や税理士をめざすためには、簿記2級までの知識が必須。Sコースの学習を通じて無理なく合格をめざすことができるので、夢の実現への第一歩としてぜひ挑戦してください。

[ 公認会計士 ]

社会的地位が高く、 収入面も優位

公認会計士は、医師、弁護士と並ぶ三大国家資格。社会的地位の高さはもちろん、高度な専門知識への対価として高い報酬が得られるので、一般的な会社員より高い収入が見込めます。

難関資格だけに メリットは大きい

公認会計士は経済系資格の最難関。その高い壁に挑むことは、それだけで人生の大きなプラスになるでしょう。合格すればキャリアの幅が広がり、独立への道も拓けるなど、大きなメリットがあります。

公認会計士は 実力勝負の世界

公認会計士の世界は実力主義。出産や育児などのライフイベントがあってもキャリアを描きやすいので、女性が活躍しやすい職業でもあります。

[ 税理士 ]

どの地域にも仕事がある 高いニーズ

税理士とは、税金のプロフェッショナルとしての国家資格。おもに個人や自営業の人の税務を代行したり税金の相談に乗るのが仕事なので、納税者がいるところ全国どこにでも仕事があります。

直接社長をサポートできる 数少ない仕事

経営者の相談に乗ることも税理士の仕事のひとつ。社長が抱える経営の問題や悩みの解決をサポートして、顧問先の繁栄を応援することが、税理士としての大きなやりがいでもあります。

税理士試験は長期戦。 あせらず着実に合格を

税理士になるには、5科目の試験に合格することが必要があります。ただし一度合格した結果は生涯有効なので、地道に1科目ずつクリアしていけば、税理士への道は着実に開かれます。

希望の進路を実現した、
先輩たちの等身大のキャリアストーリー

CAREER STORY